公益社団法人 東京都障害者スポーツ協会

トピックス&ニュース

新年のご挨拶

会長 中野英則

公益社団法人 東京都障害者スポーツ協会
会長 中野英則

あけましておめでとうございます。

昨年は、「スポーツ祭東京2013」(第13回全国障害者スポーツ大会)という記念すべき大会を成功裏に終えることができ、大変充実した年でありました。528名の大東京都選手団は314個のメダルを獲得し、これまでにないすばらしい活躍でした。都内の様々な会場で障害者スポーツが行われ、多くの都民のみなさんが障害者スポーツを実感したのではないでしょうか。

さて、今年は2020東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、様々な取り組みが国をはじめ、東京都でその第一歩が踏み出されていくことでしょう。国においては、スポーツ庁設置が検討されています。また、東京都においては開催準備の組織強化のため「オリンピック・パラリンピック準備局」が既に1月1日に設置されました。

当協会においては、パラリンピックの開催に向けての準備協力を全面的に行ってまいります。また、パラリンピックの開催は、障害者スポーツの普及を進めていく大きなチャンスとなります。この機会を捉えて、「いつでも どこでも いつまでも」を目標に、より一層の障害者スポーツの普及に力を注いでまいりますので、本年も会員の皆様をはじめ、多くの都民の皆様のご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

前のページへ戻る
ページトップへ